おしりのぶつぶつはなぜできる?

おしりのぶつぶつの正体とは?

hip

普段はスカートやパンツに隠れている「おしり」。帰宅時、お風呂やパジャマに着替えるため一日来ていた服を脱いだ時に、触ってみたり鏡を見た時に、蚊に刺されたような「ぶつぶつ」が出ていることはないでしょうか?
いざ水着になったり、スパに行くとき、目立たないか心配ですよね……。
このぶつぶつの正体はなんなのでしょうか?そして解消してつるつるの美尻になるにはどうしたらいいのでしょう?

おしりのぶつぶつの原因の一つが「にきび」です。

にきびは、毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖して発症します。おしりは下着や生理用品で蒸れやすく、アクネ菌が繁殖しやすい場所。また、一日中座り仕事の人なんかは特に、血行が悪くなっている可能性があります。これはターンオーバーが乱れる原因となり、皮膚の角質を固くし炎症を起こさせやすくなります。その結果、にきびだけではなくシミや黒ずみの原因になることも。

また、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる、ドーム状のしこりの場合もあります。これは、皮膚の下に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状のものができ、そこに古い角質がたまってしまって出来た良性の腫瘍です。袋の中でどんどん角質が溜まっていくため、大きくなることもありますし、細菌が進入すると赤く膿んでしまうこともあり、臭います。厄介なのがこの粉瘤にははっきりした原因がわからないことで、皮膚科で手術による根治治療を行うしかありません。

ぶつぶつとでこぼこ、おしりのセルライトについて


ぶつぶつとは別に、ふくらんだ所とへこんだ所のあるクレーターのような凸凹状態は、セルライトによるもの。おしりは脂肪がたまりやすい部位であり、血行が悪くリンパの流れが良くない場合、セルライトができやすくなってしまいます。
かと言って、おしりは非常に皮膚が弱い部分。力任せに「潰そう」とマッサージすると痕が残ってしまったり、シミになりやすくなってしまいます。そこで正しく「ぶつぶつ」も「でこぼこ」も処理し、つるつるおしりを目指すための方法をご紹介します。

おしりのぶつぶつ、でこぼこ解消法♪

お伝えしてきたとおり、おしりのぶつぶつはにきび、血行の不良によるものがほとんど。皮膚科での薬の処方や手術に頼らなくても、きちんとした対処法さえ身につければ、つるつるおしりもそう遠くはありません。
一つにはおしりを清潔に保ち、蒸れを解消するようにすることです。具体的には、

  • ・洗顔の時のように泡立たせ、手や柔らかい素材の布などで丹念に洗う
  • ・石鹸やボディソープが残らないよう丁寧にすすぐ
事に気をつけましょう。
下着の締め付けや生理用品での蒸れがきになる、という場合は布製の下着、ナプキンに変えてみましょう。また、座る際はクッションなどを敷き、おしりを圧迫しないように努め、定期的に立つことで蒸れを逃がすようにしましょう。
そして次に、血行を良くするため、おしりにもリンパマッサージを施していきましょう。この際、週に1度~2度ボディスクラブを使うことで、角質を除去しターンオーバーを高め、よりマッサージの効果を高めることができます。

おしりのリンパマッサージ法


では、カンタンに行えるマッサージをやっていきましょう。

① マッサージを行う前に、お風呂で体全体をじっくり温める
おしりにかぎらず、リンパマッサージの基本です。
② 入浴中におしりを「さする」
湯に浸かっている浮力を利用し、なるべく楽な体勢で行いましょう。上下に、交互に肌をなぞるような感じで、手を柔らかく使ってください。
(↓ ここからボディスクラブ使用)
③ おしり全体にボディスクラブ剤を塗布する
皮膚を強く摩擦しないよう、おしりにテクスチャを直接塗るのではなく、腕や足、ウエストなどと一緒に行うのがオススメ。オイル状になったスクラブを全身に塗る過程で、おしりにも全体的に塗るようなイメージです。
④ おしりと太股の付け根の肉を大きく掴み、揉む
いわゆる「しりたぶ」と言われる下の部分を親指の付け根と人差し指~小指で掴み、そのままギュッギュッと繰り返しもみます。
⑤ おしりの上の部分を親指で揉む
おしりの上の部分に手を当て(腰に手を当てるように)、親指でツボ押しするように、ギュッギュッと押します。
⑥ おしりの横の部分を、拳の床の部分でぐりぐりと押す
手で拳を握り、その小指側の部分でおしりをグリグリと押します。
⑦ 腰に手を当て、太ももに向かって手を流していく
親指を下に向けて腰に手を当て、手のひらをゆっくりとおしりのラインに沿って下に下ろしていきます。


これでワンセットです。これは、おしりの角質をキレイにすると同時に、脂肪を流しヒップラインを整える「美尻」効果バツグンのマッサージですので、ミネラルフィットスムーサーのようなスリミング効果のあるボディスクラブと合わせてぜひお試しください!