初めてのボディスクラブ、気になること多し?

ボディスクラブ初心者だからこそ気になるあの事こんな事

qa0

初めてボディスクラブを使う、あるいはボディスクラブを買おうかどうか迷っている、という方は、自分にあったボディスクラブの選び方や、人気のあるボディスクラブ、正しい使い方以外にも気になることが多いのではないでしょうか?

そんな割と多くの人が気になるギモンを、Q&A形式でまとめました。購入にお迷いの際の参考にもどうぞ♪

ボディスクラブを使用すると、シャワーで流してもベトベトする?

qa1

Q.お風呂でボディスクラブを使っている時、シャワーで流しても体がベトベトするけど・・・そのままタオルドライしてもいいものなの?

オイル性の高いSABONなどのボディスクラブの場合、ぬるつきがありますね。
結論から言うと、そのままタオルドライして構いません。

SABONなどのボディスクラブのに使用されているオイルは潤い成分のため、洗い流したりしなくても大丈夫なのです。
もちろん、使用した後の肌への保湿は推奨です。
お風呂だと浴槽なんかのヌルヌルベトベトのほうが気になるかも…。

お風呂で使っている時、排水口にスクラブが詰まる?

qa2
Q.お風呂でボディスクラブを使うと排水口にスクラブが詰まるって本当ですか?

天然成分のスクラブを使用している限り、排水口に詰まったりすることはありません。また、エコ的な意味でも問題は発生しないものです。
しかし、例えば排水口用の髪の毛を取るネットや、コンタクト落下防止用のスポンジなどを備え付けている場合は、それらにこびりついてしまう可能性はあります。もちろんあまり衛生上好ましいことでもないので、こまめに替えるなどをしたほうが良いでしょう。

ボディスクラブを使っちゃダメな場所ってありますか?

qa3
Q.よく「全身に使えるボディスクラブ」なんて耳にしますが、本当に全身に使っても大丈夫ですか?NGな場所はありますか?

肌の弱い場所に使用するのは、シュガースクラブのような柔らかいスクラブでもあまりオススメできません。

具体的には、ワキやビキニラインなど、肌が薄く柔らかい場所は、同時にむれやすく黒ずみが気になりやすい場所ですが避けた方が賢明です。これらの部位には専用のケアアイテムなどを使いましょう。あくまで角質やボディラインが気になる場所にボディスクラブを使う、と割りきって下さい。

ボディスクラブを使うと肌を痛め、シミができちゃう?

qa4
Q.ボディスクラブを使ってシミができた、という話を聞いたことがあるんですが?

ボディスクラブは肌の古い角質を除去するもので、正しい使用法で使う限り肌を痛めたりするものではありません。

そういった場合、皮膚が薄くなったために角質で隠されていたしみが目だってきた、という可能性があります。あるいは、強くこすりすぎて炎症を起こしてしまった、ということも。しかし正しく、肌をなぞるようにやさしく使う限りは安全です。もし肌に合わないと思ったらすぐに保湿クリームなどでいたわってあげて下さい。