【番外編】4位以下のボディスクラブをご紹介!

人気ランキング1位のイルコルポミネラルフィットスムーサー、2位のサボン、3位のOh! BABYの他にも紹介したいボディスクラブが盛りだくさんなので紹介いたします。成分、効果、口コミなどから気になるボディスクラブを見つけてくださいね。ボディスクラブでも香りやテクスチャはそれぞれ。目的にあった自分にぴったりなアイテムが見つかればいいですね。

ラリン ボディスクラブ / LALINE Japan


ラリン ボディスクラブはサボンと同じ死海の塩が配合されていて、”お手頃”、”かわいい”と評判です。

ラリン

2位のサボン ボディスクラブと同じく、死海の塩を使用しているラリン。表参道や新宿、有楽町、関西では心斎橋などに路面店を設けており、ボディスクラブだけではなくミストやフレグランスで急上昇中のブランドです。キティちゃんとのコラボレーションなどでも有名ですね。
死海産の塩はミネラルが豊富に含まれており、特に肌のバリア機能を高めるマグネシウムは海水の34倍。使用後は肌がつるつるになることうけあいです。また、シードオイルは保湿効果に優れたオイルです。
使用感もサボンと同じ?かというと、塩の粒子がやや大きいようでシャリシャリ感はより強め。人によっては肌に合わないと感じるかもしれません。また、オイリー感も強く、使用後の床がベタッとするのも同じです。
また、ラリンも香りのバリエーションは豊富で、ムスクやストロベリー、ココナッツ、バニラなどを基本に、期間限定でサクラ(チェリーブロッサム)の香りなども人気を呼んでいます。
コスパは大きいサイズ(500g)で3,400円、グラムあたり6.8円とサボンの8.5円(600g 5,093円)よりもだいぶ控えめなものの、オイルが多過ぎて2~3ヶ月保たないという方も。タオルドライ後は、同じくラリンのボディソフレなどで肌をマッサージするのがオススメです。

ボディスクラブ/ローラメルシエ


ローラメルシエは、甘い香りの鉄板ボディスクラブと人気です。

ローラメルシエ

NYで活躍するメイクアップアーティスト「ローラ・メルシエ」がプロデュースするローラメルシエ ボディスクラブ。有名モデルも使用、特にベビーピンクのような色が乙女心をくすぐるアンバーバニラやラベンダー色のフィグ(イチジク)が人気です。その秘密はなんといっても香り。フェミニンな甘い香りはバスタイムを幸せな気持ちで包みます。スクラブはヤシの殻などの天然由来成分を用いたもの。かと言って粒が大きいかというとそうでもなく、非常に細かく刺激も控えめで、ソルト系が合わないという方にもおすすめです。
その他にも、コーヒー、はちみつ、カカオ、バニラ果実といった天然エキス、アーモンドタンパク、コメタンパクなどでモイスチャーバランスを整え、肌のバリア機能をアップさせます。300gで4,600円、グラムあたり15円と非常にセレブ感あふれるお値段。同じ香りのボディクリームによるアフターケアで、一日中幸せな気持ちになれますが、ギフトセットで貰えると一番嬉しいかもしれません(笑)

リラックスボディスクラブ / ジョンマスター


オーガニックといえば、ジョンマスターと話題です。

ジョンマスターオーガニック

ソルトスクラブに比べ、比較的肌への触感が優しいシュガースクラブ。保湿、浸透力に優れ、肌を柔らかく保ちます。そのシュガースクラブの中でも、2015年に発売されたばかりにも関わらず、非常に人気を博しているのがジョンマスターのリラックスボディスクラブです。
用いられているシュガーはサトウキビシュガーの100%オーガニック。水に溶けやすく、肌に負担をかけずに古い角質を取り去り、明るくクリアな肌へ導きます。美容成分ももちろんオーガニック。保湿力が高く肌に馴染みやすいシアバター、バージンココナッツオイル、ヒマワリ種子油などがブレンドされ、しなやかで弾むような肌の質感を取り戻せます。
香りは、レモンとライムが爽やかなL&L、清らかでリフレッシュ感のあるラベンダーやパルマローザのL&P、ラズベリーやオレンジといった甘く濃厚な香りのR&Oの3種類。どれもひどいクセもなく、使いやすさがウリです。コスパは136gで3,780円、グラムあたり27.8円と、割高感がネック。どうしても大盤振る舞いで使いづらいのが難点です。

星野屋の手作りマッサージ塩 / 星野屋

安い?チープ?:星野屋の手作りマッサージ塩

l星野屋

安さで話題の星野屋の塩。しかし当然ながらエステティシャンからは低評価です。
無添加の塩はミネラルが豊富。発汗や引き締めに効果があります。
しかし使用感は単なる「モタっとした塩」でザラザラ感が非常に強く、敏感肌の方には正直オススメできません。保湿成分もほとんどなく、使用後はオイルなどでの保湿必須。香りも特にありません(無添加を謳うので別にいいのですが・・・)。
マッサージ塩という名称ですが、表面をなぞるだけでそれ以上力を入れられないのが正直な所。
コスパはお徳用(900g)で2,160円、グラムあたり2.4円と驚愕の安さ。とは言え、オイルなど他で高くかかりそうです。

これらのスクラブとイルコルポミネラルフィットスムーサーは何が違うの?

一般的に販売されているボディスクラブは角質オフ、保湿の効果は当然備わっているもので、香りや見た目の可愛さ、こだわり成分や価格など+α(プラスアルファ)の部分が、商品が選ばれるポイントになってきます。
エステティシャンが選ぶとなると、サイズダウンや引き締め効果など、スリミングの効果が期待できるミネラルフィットスムーサーに軍配が上がるというわけです。




ボディスクラブランキング